社員インタビュー

まつやま はるみ

松山 晴美 38

池田食品株式会社
総務部 部長 勤続年数 8年

さの いずみ

佐野 泉 41

池田食品株式会社
総務部 勤続年数 1年

matsuyama_01

今回は、池田食品株式会社で働く松山さん、佐野さんの二名にお話を伺いました。お二人は、製造の裏方として事務のお仕事をされています。そんなお二人に、日々の仕事の中でどんなことを考えられ、また、どんな仕事をしていきたいのかを聞きました。

matsuyama_02

現在の仕事内容はどのようなことですか。

松山
 私は総務部全体の統轄と売上の請求業務などを行っています。ただ、毎日新しいことにチャレンジしていて、生産の裏方仕事やHACCPに必要な書類の作成などの仕事にも取り組んでいます。

佐野
 私は業者からの仕入について、商品との照合作業がメインの仕事になります。あとは、直売店に出て販売や接客、あとは来客対応などもこなしています。

matsuyama_03

その仕事の面白さややりがいはどんなところに感じますか。

松山
 やはり新しいことにチャレンジするというのは面白いですね。その中でも、立場上上司になりますので、部下の負担をもっと減らすにはとか、早く作業を終わらせるにはなどを考えるのは難しくもあり、やりがいを感じる部分ではあります。

佐野
 直にお客様の声を聞かせていただくのですが、本当に「おいしいよ」って声をいただけるのが嬉しいし、やりがいになっています。これからもおいしいものを作り続けられるようにがんばろうと思います。

matsuyama_04

これから先、どのような仕事をしていきたいと思っていますか。

松山
 食が好きで食品業界に入ってきたわけなんですけど、特に個人のお客様とお話ししていると食品アレルギーや産地、賞味期限など様々なところに興味を持たれてて、私自身それまではあんまり気にしてこなかったので、食品を扱う者としてやはり細部までこだわって仕事をしていきたいなと思います。そして、この池田食品の豆を世界に認められる豆にしていきたいと思っています。

佐野
 弊社はまだまだアナログ的なところが多いので、いろいろ改善できるところがあると思うんです。それをみんなで話し合って、より良くしていけたらよいなと思います。そして、これからもおいしいものを作り続けるために縁の下の力持ちとしてがんばっていきたいです。

池田食品株式会社

〒003-0011 札幌市白石区中央1条3丁目32

TEL:011-811-2211

URL:http://ikeda-c.co.jp/

会社概要:
池田食品株式会社
池田食品株式会社は昭和23年の創業以来、産地にこだわり、安全にこだわり、味にこだわり続けていいる。職人の思いがぎゅっと詰まった「創作豆」、100%北海道じゃがいもでん粉を使用した「タマゴボーロ」、お豆屋さんのちょっと和風な「チョコレート」、オリジナルのサクッと美味しい「札幌かりんとう」など、小さなお子様からお年寄りまで幅広く親しめる商品を提供している。

ホームページはこちら

一覧はこちら