社員インタビュー

すずき まつみ

鈴木 まつみ 30

井原水産株式会社
商品部 検査室 勤続年数 4年

suzuki_02

今回は、井原水産株式会社で働く鈴木まつみさんにお話を伺いました。鈴木さんは、食品業界において近年ますます重要性の増す検査部門で働いています。検査部門ならではの仕事の醍醐味について聞きました。

suzuki_03

現在の仕事内容はどのようなことですか。

 こちらで製造している商品の検査を行っています。具体的には、塩分など製品に関わることの検査、食中毒菌などはないかという細菌検査を商品のロットごとに行っています。検査する商品は、ランダムで抽出し、お客様に届くものと同じ状態で必ず検査するようにしてます。例えば、冷凍食品などはその日に作ったものではなく、次の日に製品となったもの検査するというような具合です。

この仕事のどんなところに面白さを感じてますか。

 面白さというと少し違うかもしれませんが、検査で異常がでないことが一番の生きがいというか、一日無事に、平和に終わったというのがやりがいになってます。やはり検査というのは何か問題はあってはいけないもので、結果を見て問題があると恐ろしいというか、かといって手を抜くということはないんですが、何事もなく終わると安心します。

suzuki_04

今のお仕事に就くきっかけは何だったんですか。

 以前は栄養分析の補助的な仕事をしてまして、そこの紹介で入社することになりました。入ってみて、食品一つ一つ検査の内容が違うので、わからない、できないってのがあったらどうしようという不安が大きかったんですが、しっかりとしたマニュアルや一緒に検査を進める先輩や周りのフォローがあってこれまでやってこれました。

suzuki_05

それでは最後に、働く上で大切にしているものがあれば教えてください。

 人間ですから感情とかいろいろあると思うんですが、検査ということで、仕事ではその感情や偏見の目っていうのを持っちゃいけないと思っています。取り方にしても計り方にしても、自分の裁量でいくらでも誤魔化せてしまうんですが、それをやっては何のための検査なんだってなってしまうので、全てに特別扱いせず客観的に検査するということを気をつけてます。

井原水産株式会社

〒047-0261 小樽市銭函3丁目263-23

TEL:0134-62-7777

URL:http://www.yamani.com/

会社概要:
井原水産株式会社
井原水産株式会社は、資源豊富な北米太平洋産の上質な原卵・抱卵鰊を輸入し、優れた技術で加工した塩数の子の生産を主体としている。塩数の子の他、いくらやすじこ、たらこなど多くの魚卵製品を生産、販売している。

ホームページはこちら

一覧はこちら