社員インタビュー

えびさわ なお

蛯澤 奈央 18

田中製餡株式会社
北海道工場 パウチ係 6ヶ月

ebisawa_02

今回は、田中製餡株式会社で働く蛯澤さんにお話を伺いました。蛯澤さんは、今年入社したばかりの新入社員で、工場の現場で商品の充填作業を行いながらも、会社で行っている地域貢献活動にも積極的に参加しています。そんな蛯澤さんに、入社からの半年を振り返っていただき、仕事の面白さを聞きました。

yamada_hanako_02

現在の仕事内容とその面白さを教えてください。

 今は、パウチ係という商品の袋詰めを担当しています。具体的には、その日の生産に合わせてぜんざいだったり、洋かんだったりを、専用の機械を操作して、包装しています。
 この仕事の面白いところは、自分の腕(技術)次第で不良が多かったり少なかったりするところです。例えば、パウチ(袋綴じ)する時に、パッケージ上部を合わせて綴じないといけないのですが、未熟だとすぐにずれて不良になってしまうんです。これはミリ単位の細かい仕事なんです!(笑)。これがうまくいった時に、「やったー!」って「次もがんばろう」という気持ちになって、面白いんです。でも、同時にそれが大変なところでもあるんですけど(笑)。

現在の仕事内容とその面白さを教えてください。

 いえ。この仕事に就きたいと思ったのは、学校での就職活動の一環でこの工場を見学したのがきっかけでした。これまで食品というとスーパーやコンビニで並んでいるものしか見たことがなくて、初めて作っている工程を見て、丁寧に消毒することや髪の毛一つ気にかけてることに感動して、やってみたいと思うようになりました。
 実際に作り手になってみて、この辺の衛生管理って大変だなぁって感じることも多いですが、お客様に安心安全を届けるために一生懸命やってます(笑)。

yamada_hanako_03

まだ入社半年という段階ではありますが、将来のビジョン(展望)とか考えていることはありますか。

 正直、今は周りのみんなに頼りっぱなしで、いっぱいいっぱいなので、先のことはあんまり考えられていません。でも、1年後、2年後になると後輩も入ってくる(入社してくる)ので、その時までには後輩に何を聞かれても答えられるようにしたいなと思っています。

ebisawa_05

最後に、蛯澤さんにとって仕事ってどんなものか教えてください。

 まだ半年しか働いてないので難しいですけど、お客様にちゃんと届いているのかなとか、安心して食べてもらえてるかなとか考えて、それができて初めてお給料がもらえるものかなって思います。
 「なので、是非、皆さんに食べてほしいです!(笑)」

田中製餡株式会社

〒066-0051 千歳市泉沢1007番地23

TEL:0123-28-3355

FAX:0123-28-3035

URL:http://www.anko.co.jp/

会社概要:
田中製餡株式会社 北海道工場
1947年個人経営で製餡業を開業して以来、風味豊かな北海道の豆にこだわって、本物の餡作りに勤しんでいる。業務用から小売用そしてOEM生産に至るまであらゆる商品の製造に携わり、2009年にはたい焼きを提供する「たい焼き田中家」をオープンする。昨今は、地元千歳市の町おこしのイベントにも積極的に参加し、地域貢献に取り組んでいる。

ホームページはこちら

一覧はこちら